2011年3月アーカイブ

一般的に切断の場合、足や腕などの筋肉を含む部分の切断の場合は2~3時間以内に血流の確保ができれば再接着が可能となる。

一方、筋肉を含まない指の部分の切断では10時間までとタイムリミットが長くなる。

筋肉は皮膚などに比べて酸素を多く必要とします。そのため、切断されて酸素の供給がなくなってしまうと酸素を大量に必要とする筋肉は短時間で細胞がしんでしまう。ちなみに、細胞に酸素を供給するのは血液中に含まれる赤血球です。

このようなことから筋肉を含む部分の足や腕の切断は時間との勝負になります。

 

 

最近のブログ記事

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド