2009年12月アーカイブ

骨粗しょう症

user-pic
0

骨粗しょう症は骨塩量の減少と構造の変化により、骨がもろくなる。骨の化学成分に変化はない。

原発性(病因から直接発現する)と続発性(ある病気にかかった時に関連して発生する病気や症状。二次性と同じ意味)のものがある。

  • 原発性:閉経後、妊娠後、老人性
  • 続発性:甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、壊血病、タンパク質欠乏、長期の寝たきり

骨の形成に関与する女性ホルモン(エストロゲン)が減少する閉経後の女性に多い。

骨は吸収と形成を繰り返している。形成は血中のカルシウム濃度が高いと骨にカルシウムが蓄えられること。吸収は血中のカルシウム濃度が低いと骨から血液へカルシウムが供給されることを言う。

老人性や閉経後の骨粗しょう症は形成も吸収も減少するが、形成がより減少する。これは低回転骨粗しょう症という。

甲状腺機能亢進症などでは骨の形成も吸収も増加するが、吸収がより増加する。これは高回転骨粗しょう症という。

症状:病的骨折を起こしやすい。特に椎体の圧迫骨折や大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折が多い。

治療は保存療法が基本で、エストロゲン、カルシトニン、活性型ビタミンDの併用が中心となる。また、予防として運動することが重要となる。マッサージなどで胸腰椎移行部あたりを強く押しすぎて圧迫骨折を起こすことや肋骨を骨折することがよくあるので要注意である。

ぎっくり腰

user-pic
0

変な姿勢で何か物を持ち上げた時や体動で急に発症し、時には激痛のため歩けなくなるような発作性の腰痛を「ぎっくり腰」という。

病態は不明であるが、椎間関節内への滑膜の陥入が原因ではないかと考えられている。また、椎間板ヘルニアの始まりの場合や、筋肉・筋膜・靭帯の微小損傷の場合もある。

多くの場合は、安静にしていれば2・3日で痛みおさまる。

最近のブログ記事

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

タグクラウド